コルチアーノ村には、それが特別なことのように村に一軒しかレストランがありません。そのレストランは古い歴史を持った、美味しいレストランで、遠方からもたくさんのお客さんが来て連日賑わっています。

            オーナーのCesare Giglio セサレ・ギグリオさん

このレストランがオープンしたのは、1965年。この場所はもともと、フランチェスコ教会が所有する聖職者になるための学校と寮があった場所で、アッシジの聖フランチェスコもここを訪れたと言われています。長い歴史を持つこのレントランの功績は”Lavoro del campo”という名誉ある賞も受賞しています。
レストラン”コンベント”で味わったウンブリア地方ならではのスローフードの味をご紹介したいと思います。

 ウンブリア州のLUNGAROTTIルンガロッティのワイン

程よい酸味で、こってりな食事にぴったり


Antipasto del convento アンティパスト・デル・コンベント 前菜 Norcia ノルチャのサラミなど

メロンと生ハムの鉄板コンビ。イタリアの家庭では、イチジクも生ハムと一緒に食べます。甘さとしょっぱさが癖になりそうです。

Umbliceli al tartufo トリュフのウンブリチェッリ

ウンブリア地方でしか食べられないパスタ、ウンブリチェッリ。
程よく食べごたえがある太さで、トマトなど色々なソースとも相性がいいです。
私個人はタリアテッレが一番好みだったのですが、ウンブリチェッリは首位を脅かす存在に・・・

        Il maialino da latte al finocchio selvatico  豚と茴香のミルクあえ

メインはとっても柔らかい豚肉!ここまで来るとお腹一杯ですが、美味しくて食べてしまいます。。。

Zuppi inglese ズッピ・イングレーゼ
メディチ家が愛したデザート。赤いリキュールをかけたスポンジにソースをかけたもの。とっても甘くて、全部は食べられませんでした。。。

レストランコンベントでは、私が食べた以外にもウンブリア州のスローフードがたくさん食べられます。
ペルージャや近郊の街からもわざわざ人がやってくるほどの人気店。実は、私の滞在先のロマーニ夫婦が結婚パーティーをされた思い出深い場所でもあるんです。

セサーレさん、美味しいお食事と素敵な時間を本当にありがとうございました!!